需要の多い特殊清掃

誰もが望んでやりたいわけじゃないけれども、誰かが必ずやらなければならない、といった過酷な仕事は世の中にいくつもありますよね。

その一つが特殊清掃という仕事です。

特殊清掃が扱う清掃現場は、たいてい孤独死や事故死、自殺などがあった生々しく悲惨な部屋ばかりなのだそうです。

特に近年では高齢化が進み、独居老人が増加しているという背景があります。

このことから孤独死が増え、特殊清掃の出番は着実に増えているようです。

孤独死の場合、もともと孤独に生活していた人が亡くなるわけですから、人間関係は希薄で家に訪ねてくる人もほとんどいません。

そのため遺体の損傷が進み、ハエがたかったり腐敗臭が酷くなることによって近隣の住人に発見されるということが多いのです。

その結果として、遺体の発見が遅れてしまい、特殊清掃が必要な状況になる、というわけです。